記事一覧

コール・ハーン スエードタッセル

ファイル 27-1.jpg コール・ハーン(Cole Haan)のスエードタッセル
 その昔、コール・ハーンは流行りましたねぇ。
 全体が細身の造りで、「かっこいいなぁ」って、
 思ったもんです。
 購入時期は忘れてしまいましたが、このタッセルも、
 多分、25年以上は経っていると思います。
 靴底は、ビブラムソール(Vibram sole)の仕様。
 価格は、当時、結構な値段だった記憶があり、
 3万円以上はしたと思います。

 まあ、靴はその時々で気に入った物を買うわけですが、かと言って、そればかり履くと、傷むかと思うので、ローテーションして履く事になるのですが、仕事もしていると、カジュアルな物はどうしても、履く回数が少ない訳で、結局、長く持つ事になってしまいます。
 お引越しもした事が無いし、無理に捨てたりもしないので、数もだんだんと多くなっています。
我ながら、物持ちの良さには感心させられます。

コール・ハーン(Cole Haan)は1928年にアメリカのイリノイ州シカゴで創業されたファッションブランド。
 ※参考にさせていただいた、メーカーサイト:http://www.colehaan.com/jp/
コール・ハーンは1928年にトラフトン・コール(Trafton Cole)と、エディ・ハーン(Eddie Haan)によってシカゴを拠点に創業されました。創業の当初は、紳士靴のみを扱っていました。
現在は、ナイキの子会社になっており、拠点をメイン州ヤーマウスに、デザインセンターをニューヨークに置き、男女向けの衣料品や革製品などを取り扱っています。

ファイル 27-2.jpg
 当時は、トップサイダーに代表されるデッキーズが
 世の中にたくさん出ていた時代なので、ビブラムソールが
 とても新鮮に感じたものです。

 ビブラムソール(Vibram sole)の意味は、国語の辞書等
 によると、「突起のあるゴム製の靴底」とあります。

 ビブラムソールの名前は、そもそもビブラム社の登録商標
 のVibramからきています。

 ビブラム社は、イタリア人登山家のヴィターレ・ブラマーニさんによって1937年創立された会社です。
 もともと登山家だった経験から軽さ・耐久性・機能性・安全性の高い靴底をテーマに研究しており、
 1945年、K2の初登頂に成功した事を契機に、北イタリア地方のアルビッザーテに工場を設立し、現在に至っています。
 確か会社には、見学のコースがあったと記憶しています。