記事一覧

市之倉 倉之市

ファイル 5-1.jpg11月1日(日)に、岐阜県多治見市の地元イベントである、「市之倉倉之市」(イチノクラ クラノイチ)へ参加してきました。

毎月第1日曜日の9時~16時に、市之倉「さかづき美術館」で実施されるイベントです。
野菜や果物、お花、雑貨小物、焼きソバや団子、トン汁などのお店がテントを並べて出店されます。私たちも、いつものお値打ち子供服やクリスマス小物を販売するお店と、三輪バイクの試乗会を実施しました。

今回は、いつもお世話になる、お客様の紹介で参加させていただきましたが、会場となる「さかづき美術館」では、名産の陶器が常設展示販売されており、とてもキレイな施設でした。また、前日夜には演奏家によるコンサートも開催され、大変な賑わいでした。

あいにく午後から雨模様になり、予定より一時間ほど早目にひきあげましたが、楽しい一日を過ごす事ができました。
地元の方との交流もでき、参加して良かったと思います。

ただ、カメラを忘れてしまい、さかづき美術館のホームページから右の写真を拝借して、アップさせていただきました。申し訳ありません。

(参考)さかづき美術館のサイト:http://www.sakazuki.or.jp/

第4回ガレージセール

岐阜県多治見市で、10/3(土)、4(日)に第4回目となるガレージセールを行いました。
子供服中心に約4,000点、その他雑貨が約200点のセール規模でした。
「今度はいつセールするの?」って、いつも沢山の問合せをいただき、本当に有り難うございます。
当日は、口コミだけにもかかわらず、いつもどおりに盛況なセールとなりました。
ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpg 

いつもの洋服・ズボン・帽子など、4枚 \1,000円のセールは、定番となっており、勿論大好評。
また、今回は初めて籐家具や季節を先取りした商品のサンタクロース・スノーマンも登場しました。
業務用サンタ(約160cm・赤外線センサー搭載・ダンス&演奏) \10,000円は、レストラン「コエダ」様に、早々にお買い上げいただきました。本当に有り難うございました。
次回予定は、商品の入荷次第ですが、多数の希望もありますので、早々にガンバッテ開催したいと思っています。
ファイル 4-3.jpgファイル 4-4.jpg

新商品の開発

新商品の開発は大変だな。 写真は試作品1号。

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpg 

田口の社長は、いろいろなアイデアがどんどん湧いてくるタイプなのかな、
新商品の開発に、とても積極的に取り組まれています。 いや~頭が下がりますなぁ。ほんと。

今回の新商品は、オールステンレスのバーベキュー用のコンロ。
ちょっと高価になっても、いい物が欲しい人にはピッタリかも。 デザインもグーですな。
試作品でテストする予定ですが、家の中でも使える仕様を目指しているとの事でした。

とりあえず、事務局で一台、作ってもらう事になりました。
出来上がりが楽しみです・・・。

企業交流会

7/17に、浅草法人会青年部の皆様と、名古屋「三友会」が企業交流会を行いました。
当日は、和やかなムードで各々の地域の話題や、会社の事などを語り合いました。
名古屋の栄にあるホテルを借りましたので、この後、大いに錦の繁華街で楽しんで・・・。

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpg
美女が受付を担当。                        これからも、仲良くしましょう。
ファイル 2-3.jpgファイル 2-4.jpg
それにしても、浅草法人会青年部の皆様は、さすが「青年部」、元気があってすばらしい。
名古屋「三友会」の面々も頑張らないといけませんな。 来年は、みんなで東京に行こまいか~。

バーベキューやったよ。

先日、バーベキューをしました。

ファイル 1-1.jpg ファイル 1-2.jpg

田口の鉄シリーズの鉄板は、絶妙な肉の焼き加減が可能。
今回使用した12ミリL穴あり(特注品)は、肉の仕上がりが、とてもジューシー。(^^)v
普通アミで焼いた串は、芯が焼ける前に表面が焦げるやら、いつも通りの展開。(T_T)/~~~


ファイル 1-3.jpg ファイル 1-4.jpg

6ミリL鉄板に、あえてコゲやすいトンチャンやイカ詰めを、チャレンジしましたが、こちらも最高な出来でした。
まず違ったのが、食感。ふわっとした仕上がりで、今までのカチカチ山は何?だったのって感じ。
その上、トンチャンの汁やイカ詰めの漬け味噌が、今までは焦げ付いてエライ(とても)大変な事になってましたが、ぜんぜん焦げ付かず楽チンでした。
and、コーナーのカットがフランクフルトに最適なことが判りました。 ・・・さすが田口。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ