記事一覧

悲しみから一週間   スパロ急死

マイケル・ジャクソン訃報とほぼ同時刻の、
日本時間、6月24日午前4時半頃、すずめのスパロが死んでしまいました。
何故なのか、わかりません。あんなに元気だったのに・・・・・
ほんのわずかな間だったけど、君の元気な姿に私達は癒されましたよ。ありがとう。ファイル 6-1.jpg

突然の報告です。<臨時の家族が増えました>

ファイル 5-1.jpg 6月14日日曜の午後、ピーピーとか細い鳴き声が聞こえました。
メイがクンクン匂いを嗅いでいるので見に行くと黒い物体。
動いてる。他に二羽のすずめのヒナの死骸が落ちてました。
隣の家の屋根の巣から、カラスに襲われたらしい。
まだ生きているから保護しました。イオンのペットショップで、ミルウォーム、あわを買い、飼育が始まりました。
自然界の生き物だから、きっとすぐ死んでしまうだろう。と思っていたけど、開いていなかった目も開き、すごい食欲。羽根もはえてきた。


ファイル 5-2.jpg

6月20日土曜の写真です。名前はスパロです。
落ちた時に左足を骨折したようです。
小枝でテーピングをして固定しました。
飛べるようになって、自由になれるかなあ。

またまたシェリーが脱走

ファイル 4-1.jpg

 ある朝、子供達を送って、
友達のジャスティーンとお茶をして
家に戻り、掃除をしていると
電話が鳴り、「お宅、ゴールデンレトリバー飼ってますよね?今います?」
え~?庭をみて呼んでみてもいない。
子供の学校で保護されてました。
また穴掘って脱走。
まさか車の後ろをついてきたの?車で5分くらいの距離です。
て事で、大家さんから「犬が穴掘るから芝生は植えられない」って。
網戸はビリビリにするし、おてんば犬です。

わんこに癒されし日々    シェリーが行方不明

ファイル 3-1.jpg

 しばらくして、私達は週末にロサンゼルスへ買出しに行きました。
帰ってみるとシェリーがいない。どうしよう(=_=;)
みんなでさがし回っていると、「シェリーが家に遊びにきてるわよ」
なんと自分で穴を掘って、フェンスをくぐって、ガス(隣の犬の名前)に会いにいったのです。

わんこに癒されし日々    アメリカへいざ出発

ファイル 2-1.jpg

 日本でゲージを買い、獣医さんで精神安定剤をもらい、
シェリーは、寒くて、暗くて、ジェット音のすごい貨物のスペースで、
名古屋空港から、ポートランドで乗り換え、ロサンゼルスまで行きました。
アメリカに入国して貨物同様、一緒に空港を出ました。
日本への入国は二週間検疫で帰れないのに・・・
空港からは車でハイウェイを走って3時間。
室外なら犬を飼ってもいいと、新築のレンタルハウスに住みました。
これから庭に芝生を生やしてくれるとの事。家の外に出ると映画で観たような風景です。
子供達はプレスクールに通い、主人は仕事。
お隣も男の子2人の四人家族に老犬のラブラドールリトリバーがいました。

【つづく】

わんこに癒されし日々

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpg

 生まれてから、わんこのいない日はなく過ごしている私。
今も11歳のメスのゴールデンレトリバー(めい)と
捨て犬だった雑種メス推定12歳(あずき)と暮らしてます。
母犬17歳シェリーが天国へ行って3ヶ月が過ぎました。
シェリーが我が家にやってきたのは生後2ヶ月の初春。
ペット禁止の賃貸5階、ルームバルコニーから顔出してたけど絶対吠えなかったね。
5歳と2歳の息子とは、毎日プロレスごっこで服はビリビリ。
お散歩は、みんながまだ夢の中早朝5時。
新聞配達の照ちゃんの手袋を噛み付いては困らせたっけ。
浜名湖の友達の別荘へ遊びに行った時の事。
ペンションのゴールデンに会って、あんまりお利口だから驚いたっけ。
そして私達家族はアメリカカリフォルニア州サンタマリアにシェリーと共に旅立ちました。
シェリーは貨物になって飛行機に乗りました。

【つづく】

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ